レイアウトの使い心地 - 【ダイナライズ】松戸市のプログラミングスクール 小学生・中学生・高校生のパソコンの習い事はお任せください

松戸のプログラミング教室、パソコン研修、IT効率サポートのダイナライズ

松戸のプログラミングスクール-ダイナライズトップ画像 松戸のプログラミングスクール-ダイナライズトップ画像 松戸のプログラミングスクール-ダイナライズトップ画像 松戸のプログラミングスクール-ダイナライズトップ画像

レイアウトの使い心地

❖サイト作成の一番の目的は”伝えること”

 伝えるということにおいて、ページのレイアウトやデザインは非常に重要です。

昨今では様々なホームページ作成サービスがあり、最初に選べるフォーマットも多彩になってきました。しかし、ほとんどは海外製のデザインで、視覚へのインパクトを重要視しているものが多いです。

 

 肝心なのは何を伝えたいか?それが伝わりやすいページになっているか?ということになります。

 

日常系のブログを運営しているのに、大手企業のようなサイトになってしまっていたら?この<ちぐはぐ>は時に他者からも共感を得づらく、メッセージが伝わらないもどかしさは編集のやりがいをなくして長続きしないかもしれません。

 

例えば洋服選びをする時、外国人モデルが格好良く着こなした洋服をいいなと感じても、自分で来てみたらイメージとは違ったということはありませんか?結局は人それぞれの体格・体型を考慮しないといけない事に近いかもしれませんね。

 

―誰の目にもわかりやすく、誰にでも編集しやすい―

WEBサイトは長期にわたり運用するものだからこそ、目先のインパクトにのみ囚われずに、閲覧者と編集者の両方の事を考えていくことが重要です。

 

 

◆訪問者が迷わないようにする、メニューの視覚化と構成を再現

 メニューが常に目に入っていることで、どのページにいても迷わずに情報を辿っていけるようになります。

 

基本的な構成がページごとに変化する事なくコンテンツの中身だけを入れ替えれば、視覚的にもわかりやすく、利用者にとって使い心地の良いページを作成することができます。

 

 

◆編集者に難しい技術を求めず、シンプルかつ感覚的に本格サイトを作成できる

 すでに世に広まっているWordPressによる編集をベースとすることでWordPressが持つ様々なメリットをそのまま活用します。

 

トップなどのコンテンツページを作るのか、ブログ記事をつくるのかを編集者自身が明確に選択でき、また作成したページの整理や編集を容易に管理できます。